1. ホーム
  2. 公式ブログ
  3. 就職準備講座ブログ
  4. 5年後「こうなったらいいな、幸せだな」と思うことはどのようなこと?

5年後「こうなったらいいな、幸せだな」と思うことはどのようなこと?

学生から社会人となる帰路に立った時、どの企業に就職するのか、どのような職種にするか、優先順位は様々かと思いますが、社会に出て「大人」と言われるようになって自分の人生「何をもって幸せだと感じるか」を考えてみたことはありますか?

キャリア教育授業で中学生2年生に質問をしてみました。

「こうなったら幸せだな…と思える未来はどんなこと?」

「パソコンの前で、疲れた顔で仕事しているつまんない大人には絶対なりたくないから、今から自分が本当に好きなことを見つけてそれを進化させていく!

たった一度の自分の人生だから自由にのびのびと楽しく過ごしたい!
その為に将来、働く会社や仕事を選ぼうと思う。」

つまんない大人になりかけていないか?
聴いているこちらが「ドキッ」としました(笑)

つまんない大人になってしまっていないか?
自分の仕事を楽しんでいるか?
幸せと感じて生きているのか?

幸せの基準は人それぞれであり、年齢を重ねていくことで変化もします。
その時々で立ち止まり、今現在の自分を明確にしてみる。

今、自分は好きなことをしている?
今、楽しく働いている?
今、人生を楽しんでいる?

好きなことを仕事にする?「そんなの甘いよ」と思う前に、ちょっと視点を変えてじっくり考えてみてはどうでしょうか?

自分は、どんな生き方がしたいのか
どんな生き方なら幸せだと思えるか

人生100年時代、時間はたっぷりあります。

先ずは、5年先を考えてみましょう。

「5年後、こうなったらいいな、幸せだな」

社会人3年目の自分は、どうしていたいのか、どうだったら幸せか

今の自分に問いかけてみましょう。

「一番大切にしているものは何だろう?」

それは、どうして大切なのだろう。

「心から楽しいと思うことは何だろう?」

それは、どうして楽しいのだろう。

「この人みたいになりたいと、憧れている人は誰だろう?」

どのようなところに、あこがれているのだろう?

近い将来、周りから「大人」と言われる自分は「つまんない大人」になりたいですか?

今の自分を深く知り「こうだったら幸せ」「こんな大人でありたい」と将来を明確に描き、そうであることを信じ、その為に今の自分ができる行動を始めましょう!

幸せな人生の為に「思う企業に入ること」は目標であって、人生の目的ではありません。

その先の未来、人生の目的、どう自分がありたいのか、どう生きたいのかを考え、学生から社会人となる帰路の選択をしませんか?

<執筆>
川村ひとみ
(レゴ®シリアスプレイ®メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテーター)

関連する記事はこちら