基本を知ろう!~女性活躍推進法を学ぼう その1~

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性活躍推進01-サムネイル

政府が推進している「女性活躍推進」について4回シリーズでお届けする企画です。

  1. 基本を知ろう!~女性活躍推進を学ぼう その1~今ここ!
  2. 愛知県は、女性活躍に積極的!~女性活躍推進を学ぼう その2~
  3. 取り組みとメリット~女性活躍推進を知ろう その3~
  4. 女性活躍を前面に!~女性活躍推進を知ろう その4~

みなさんは、「女性活躍推進法」という言葉を聞いたことはありますか?

「女性活躍推進法」という言葉は、これから就活をする方は特にポイントとなるキーワードの1つなので、覚えておきましょう。

ですが、いきなり全部を理解することは難しいと思いますので、今回はまず「女性活躍推進法」の基本を解説します!

1.女性の働きを支援します

「女性活躍推進法」についての詳細は、厚生労働省のホームページに記載されていますが、簡単に説明をすると、女性の働きを支援する法律のことです。

平成27年8月28日に、国会で女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)が制定されました。この法律が制定されたことに伴い、国・地方公共団体、301人以上の大企業は以下の3つを行うことが義務付けられました。(300人以下の中小企業は努力義務)。

(1)自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析

(2)その課題を解決するのにふさわしい数値目標と取組を盛り込んだ行動計画の策定・届出・周知・公表

(3)自社の女性の活躍に関する情報の公表

このように、女性の働きと社会のつながりは密着し、更なる女性の活躍ぶりが期待されます。

2.女性の社会進出

かつては「男尊女卑」が当たり前だったり、「男は仕事、女は家事」という文化でした。

ですが、「男女雇用機会均等法(職場における男女の差別を禁止し、募集・採用・昇給・昇進・教育訓練・定年・退職・解雇などの面で男女とも平等に扱うことを定めた法律)」や「男女共同参画社会基本法(男女が互いに人権を尊重しつつ、能力を十分に発揮できる男女共同参画社会の実現のために作られた法律)」などの法律ができ、男女平等の社会となりました。

このような社会の変化によって、女性の採用や昇進の機会を積極的に取り入れる企業も増えてきました。管理職を務める女性も、これから増えていくでしょう。

仕事と家庭の両立を無理しないための配慮もなされているので、女性は安心して仕事に没頭することが可能になっています。

3.就活の参考にしましょう

女性は結婚することで、妻や母という立場になります。もちろん、独身の方もいます。

様々な視点や思考を持っている女性の意見を反映することで、業績アップにつながる企業もあります。

今の時代、企業にとって女性は戦力になっているのです。

「女性活躍推進法」が制定された後、女性社員への柔軟な対応をしている企業ほど、将来性があり今後ますます発展する企業となることでしょう。

就活中をしている方は、「女性活躍推進法」というキーワードを重点に置くのも良いでしょう。ぜひ、企業調べなどの参考にしてみてください。

上に戻る