1. ホーム
  2. 公式ブログ
  3. 企業記事
  4. 地域からの信頼を輝かせて/代表取締役 藤城匡昭(ふじしろ・ただあき)さん

地域からの信頼を輝かせて/代表取締役 藤城匡昭(ふじしろ・ただあき)さん

安心と安全でお客様と地域のニーズに応える総合建設企業

藤城匡昭(ふじしろ・ただあき)さん
藤城建設株式会社 代表取締役

藤城建設は、地方のゼネコンとして110年もの長い間、東三河地域のインフラ整備を担う老舗企業だ。元請け業者として主に公共工事を行い、他に民間建築や不動産事業など地域に根付いた事業を展開してきた。

今へ至る道

六代目藤城社長は幼少のころより、先代の祖父から会社を引き継ぐことが決まっていたので、『つくる』ことに親しみを持ったという。そういった環境で育ちつつも、大学時代は情報関連を専攻した。入社当時はまったく違う分野に所属していたこともあり、なにもわからなかったという。社長就任までの10年で土木や建築の仕事に携り努力を重ね、「地域の信頼に応える。安心していただける。」という熱い想いを胸にした。

『つくる』ことや地域にかかわることができ、「この道で間違ってなかった」と語る藤城社長は今日も地域のために邁進している。

地域と寄り添って

藤城建設は、「地域と一緒に育っていく企業」。自社ならではの『人付き合いの良さ』で、地域との繋がりを深める。社員同士が連携し、細かい部分まで徹底的に仕事を遂行することで、地域から厚く信頼されている。

他にも、建設業界をイメージアップさせるため、地元動植物公園の動物スポンサーとなりゾウやチンパンジーへのエサ代の寄付をしたり、名古屋国道事務所との連携で国道周辺の清掃活動も行っている。

このような試みについて藤城社長は「地域の方々にとってより身近な存在になりたい」と、その意味を語った。

若手を主役に、活気ある企業へ

藤城建設では、入社前と入社後のギャップをなくし、若手社員を会社に定着させるための工夫をしている。

その一つとして、10年刻みの会社としての計画や、社員のキャリア形成について考える講習を定期的に実施。また、若手社員の意見交換の場を設け、そこでの意見を会社運営に活かしている。

藤城社長は現場に顔を出し、社員と同じ目線でコミュニケーショを取るなど、常に話しやすい雰囲気づくりに励んでいる。

今年で創業110年を迎えた藤城建設。長い歴史と新たな取り組みが融合した、今後の更なる発展に期待したい。

目指せ、200年企業‼

迫 亮大
愛知淑徳大学 人間情報学部 3年

藤城建設株式会社の記事一覧

関連記事

地域からの信頼を輝かせて/代表取締役 藤城匡昭(ふじしろ・ただあき)さん

関連記事

日々新鮮、現場で成長/小林 俊介(こばやし・しゅんすけ)さん

関連記事

充実したイベントで魅力的な交流/早川 桃香(はやかわ・ももか)さん

関連記事

学生記者の取材後レポート/藤城建設株式会社

関連記事

学生が考える未来予想図/建設業界と藤城建設株式会社

三河地区

藤城建設株式会社

建設業

企業ページへGO 

関連する記事はこちら