1. ホーム
  2. 公式ブログ
  3. 就職準備講座ブログ
  4. 学生のうちから取り入れてほしい「ストレスコントロール」

学生のうちから取り入れてほしい「ストレスコントロール」

こんにちは! ヨガインストラクターの小林紗季です。
今日は学生の皆さんに、ヨガ研修についてお話ししたいと思います。
さて、皆さんはヨガをした事がありますか?
まだヨガをされた事がない方は、ヨガと聞いた時にどんなイメージを持たれますか⁇
多くの方が『エクササイズ』の一種と思い浮かべると思いますが、本当のヨガとはエクササイズの枠を超え、精神面にもアプローチをすることの出来る素晴らしいツールなのです!
私がヨガに出会ったのは、皆さんくらいの歳の頃でした。
将来の事、恋愛の事…など、精神的に不安定になりやすかったこの時期、スポーツジムでヨガをエクササイズ感覚で始めてみました。すると『精神的に落ち着く』『リラックスできる』など、その時抱えていた胸中のモヤモヤした感情は無くなり、飾ったり気を使ったりも無く、ただただ素の自分で居られました。
この時に感じた事は、今も指導して行く中で皆さんに感じて頂きたい、伝えたい思いの一つになっています。
その後、妊娠期間や産後期の精神的にも肉体的にも不安定な時期、やはりヨガに助けられた事がきっかけでインストラクターになる為に『ヨガとは?』と勉強を始めました。

ヨガの基本はアサーナと呼吸法(腹式呼吸)

ヨガは、呼吸法とアーサナ(ポーズ)をメインで行います。 呼吸法は色々とありますが、基本は腹式呼吸で行います。
吸った息の倍の時間で吐く。ただこれだけを意識してもらいます。
そうする事で、自律神経に作用しリラックスでき、安眠効果が得られるとも言われます。
また、深い呼吸は横隔膜をしっかりと動かし、内臓を刺激してくれます。

呼吸は緊張や痛み、姿勢によって浅くなってしまう

あなたは最近、自分の呼吸を意識した事がありますか?
ドキドキしたり、緊張したり、痛みを感じると呼吸は浅くなりますね。
姿勢が悪くなる事でも呼吸は浅くなります。
『呼吸する事』は当たり前過ぎて、あえて意識しない方が多いと思いますが、勉強やゲーム、スマホなどをして眠れなくなった時にはぜひベッドで横になり頭を空っぽにして複式呼吸を繰り返してみて下さい!

チーム力アップにも効果が期待できるヨガ研修

では次に、ヨガ研修についてお話ししていきます。
このヨガ研修では、自分という個の再認識をする事から始めていきます。
人から植え付けられた価値観、考え方、それに自分が苦しめられている事ってありませんか?
『自分らしさとは?』『本当の自分って? 』
まずはゆっくりと呼吸を取りながら、見つめて行きます。
囚われから解放されたら、ヨガのアーサナを取りながらグラウディングして行きます。
『自分の身体を知る。』『身体の声を聞く。』
後半は、ペアやグループでもヨガをして行きます。
一人とは違い相手を思いながらヨガをして行くと『合わせる事』『協力する事』 の素晴らしさを感じていけると共に、チーム力も上がると考えています。
ヨガという時間の間、静かに自分の内側と向き合う事で、常に自分らしく、仕事もプライベートも楽しむ事が出来たら!という思いで、ヨガのクラスを開催しています^_^
ヨガやヨガ研修に少し興味を持って頂けたでしょうか?
機会があれば是非一度、ヨガを体験してみて欲しいと思います!
 
<執筆>
小林 紗季
(ヨガインストラクター)

関連する記事はこちら