1. ホーム
  2. 公式ブログ
  3. 就職準備講座ブログ
  4. 就活生がインターンシップに参加する前になぜ「自分を知る」ことが大事なのか

就活生がインターンシップに参加する前になぜ「自分を知る」ことが大事なのか

インターンシップに参加しますか?

インターンシップは、これから就活をスタートする学生にとって就職をイメージできる最も有効な手段です。企業も優秀な学生を採用しようと力を入れ始めています。特に夏季インターンシップは就活前哨戦となり、そこで経験を多く積み上手に活用した学生が早期に内定を得ていることは間違いありません。
今の企業はインターンシップからあからさまに学生を確保しようとしています。学生も参加する以上あわよくば企業から好感触を得たいと考えています。ですから学生は6月にオープンした就活サイト、インターンシップ合説、学校からの企業紹介等、早く企業に参加を申し込まなければ就活に出遅れてしまうのではないかと焦ったり不安になるのです。
しかしながら応募するには、まず「自分が自分のことを知る」ことが大事です。自分はどんな業界に興味があり、どんな仕事をしたいと希望を持っているのか、勤務地や休日の条件はどう考えているのかなど最低限の自己分析をして臨んでください。まだ何も決めていない場合でも、その企業を選んだ理由を答えられることは必要です。企業のことを調べないで参加するのはもってのほかです。

インターシップを上手に活用してる就活生は「自己分析」ができている

企業としてもこの学生は何故当社のインターンシップに参加してくれたのだろう、また業界、仕事内容にどれほどの関心を持ってくれているのだろうなどあなたに興味津々です。そんな中、何も準備しないで参加してしまったあなたに興味を持ちません。インターンシップを上手に活用している学生の特長は、自己分析がある程度できており、自分が進みたい業界、やりたい仕事が他の学生より具体的になっています。自分の実力を知るために選ぶ企業も大手、中小、地元と工夫がなされています。
自分が企業からどんな風に見られたのか、十分通用する学生と感じられたのか、是非受験してほしいと思われたのか、他の参加学生より課題が良くできたのか、インターンシップに参加することで自分を客観的に肌で感じることができます。他の学生と比較して自分は会社の期待に応えることができたのか、発言はしっかりできたのか、仕事に興味を持てたのか、振り返ることで「自分を知ること」ができます。
 
<執筆>
宇野 幸穂
(NPO法人 就職・求人サポートセンター E-JO 代表)

関連する記事はこちら